【注意】東京五輪に伴う迷惑メール&フィッシング詐欺について

日本国士を運営している松岡です。
東京五輪に関するフィッシング詐欺メールがあったという報道がありますので、元出会い系業界にいた私の経験から防止策等の情報をお知らせします。

まず、偽メールの特徴を紹介してる記事をご覧ください。

五輪チケット抽選結果、組織委が「偽メールの特徴」紹介 – 読売新聞
組織委によると、メールは「@」以下が「ticket.tokyo2020.org」のアドレスから送信される。「東京2020オリンピックチケット抽選結果のお知らせ」の件名で、20日夕方までに順次送信される。メールの文面には当選チケットの枚数と合計金額が記載され、当選種目名や席種については公式販売サイトの「マイチケット」で確認するよう求めている。
また、文面にURLなどのリンク先は一切載せない。組織委は「URLが記載されている場合は偽メール。接続すると、フィッシング詐欺などに遭う可能性がある。電話やはがきでの連絡もしないので、注意してほしい」としている。
≫≫詳細を見る

文章をそのまま読むと誤解されると思われるので補足するが、正規のメールは「****@ticket.tokyo2020.org」で配信され、当選種目名や席種については公式販売サイトの「マイチケット」で確認するよう求めているので、メール本文内にURL表記は無い。
ドメイン「@ticket.tokyo2020.org」(後方)より、@の前方は分からないので、ドメイン部分で判断するしかないので、東京五輪に関するメールが受信ボックスに入っていたら、まずドメイン部分を確認していただきたい。

迷惑メール・詐欺メールのその他の特徴

迷惑メールや詐欺メールの特徴として、キャリア側(企業側)のメールフィルターに引っかからないように、ドメイン部分が適当な文字列になっていたり、キャリア側のフィルターを突破するためにメールタイトルやメール本文内に不規則な記号や文字列が含まれているのも迷惑メール・詐欺メールの特徴です。

迷惑メール・詐欺メールのドメイン例
@ffkfaine.fdnagi.info
@wremw439g.com

など適当な文字列となっているのが特徴。
メール本文内のURLも適当な文字列になっていたりします。
リンク先のサイトドメインは正常サイトに見える文字列となっている。

迷惑メール・詐欺メールのタイトル・本文の例
当_選_結_果
こ*の_度、0厳_正*な_る-抽_選*の6結_果

など、またタイトルや本文が正常に表示されていてもメール最下部に「あかきもさたのら」などの不規則な文字列が入ってる場合もあります。

なぜ、メールのドメインや本文内のURLが適当な文字列になっているのかと言うと、迷惑メールや詐欺メールというのは大量配信をする為、キャリア側のフィルターでブラックになると、配信先に不達(キャリア側のメールサーバーでブロック)となるので届かなくなります。
その為、サイトのドメインと配信ドメインを別にし、配信ドメインがブラックになったら変更したりと、コストが掛かったりするため安いドメインで適当な文字列で取得するという形になるからです。
また、タイトルや本文内に不規則な文字列や記号が入るのも「定型文による大量配信」というキャリア側のフィルターを突破するため、配信時システム側で設定してある文字列が自動的に挿入されるようになっています。

対策等について

ドメイン指定受信拒否で配信ドメインを設定しても、業者は配信ドメインを複数設定しているので、いたちごっこになりますので、このような迷惑メールや詐欺メールを受信したら通報(報告)するしかありません。
その為、メールアドレスの前方に関しては推察される文字列の使用は止めましょう。

・Twitter IDと前方が同じ
・生年月日
・名前
・数字のみ

これらの条件の組み合わせだと、メールアドレスが自動生成されて業者に悪用されるので避けましょう。
単体だけではもっと危険です。

何かご不明な点がありましたら私、松岡までご連絡下さい。