藤井 治(中国名 呉健華)氏の生涯 ~もうひとつの”わだつみのこえ”~ ①

藤井 治(中国名 呉健華)氏の生涯 ~もうひとつの”わだつみのこえ”は、2019年6月19日にYouTube公開された「藤井一良の出生について「学徒出陣50年」蘇る”わだつみ”-戦後なき学徒兵の秘話- 前半」と「藤井一良の出生について「学徒出陣50年」蘇る”わだつみ”-戦後なき学徒兵の秘話- 後半」の解説・証言等と歴史的出来事を構成して作成しています。
当時の状況等を理解できるよう、出来事や事件など(年表)も記載していますが、リンク先にはセンシティブな画像も掲載しておりますのでご注意下さい。


previous arrow
next arrow
Slider

目次

  1. 誕生から終戦まで
  2. 終戦から文化大革命まで
  3. 文化大革命から一時帰国まで
  4. 一時帰国から、その後…

~ 誕生から終戦まで ~

山口県防府市

山口県防府市


藤井 治さんは1922年(大正11年)、山口県防府市で藤井恒二さん、藤井八千乃さんとの間に四人兄弟の長男として生まれる。
姉の藤井千代子さん、そして弟の藤井昇さんと藤昭男さんの四人兄弟。
1934年(昭和 9年)、父親の藤井 恒二さんの転勤で中国大陸に渡り、大連第一中学校を卒業した後、早稲田第一高等学院へ進学し、家族と離れ単身東京に住むことになった。

大連第一中学校卒業記念写真

大連第一中学校卒業記念写真

早稲田第一高等学院在学中の様子

早稲田第一高等学院在学中の様子

1944年(昭和19年)2月、学徒動員で満州の関東軍鉄道第三連隊に配属され再び中国大陸に渡り、関東軍鉄道第三連隊大陸打通作戦に投入される。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

1945年3月10日、東京大空襲
1945年8月6日、広島市へ原爆(リトルボーイ)投下
1945年8月9日、長崎市へ原爆(ファットマン)投下
1945年8月9日、ソ連対日参戦(ソ連侵攻)
1945年8月12日、麻山事件
1945年8月13日、小山克事件
1945年、8月14日、葛根廟事件牡丹江事件
1945年8月15日、詔書録音放送(玉音放送)
1945年(昭和20年)8月15日、藤井治さんは湖南省に転戦、この地で終戦を迎える。

藤井治さんが当初、配属された関東軍鉄道第三連隊ですが、第三連隊が終戦を迎えた地は中国済南でした。
ですが、藤井治さんは湖南省に転戦して終戦を迎えたとありましたので、最終的に鉄道第一連隊に編成されていたと思われます。
鉄道第一連隊は湖南省で終戦を迎えた情報があります。

鉄道連隊の歴史 習志野市
なお、桂林や湖南省方面の司令官には「焼くな・殺すな・盗むな」のいわゆる「三戒」で、一人も戦犯を出さずに本土に帰還できた、笠原幸雄陸軍中将が、1945年(昭和20年)4月、自ら野戦指揮官を希望して上月良夫の後任として支那派遣軍第6方面軍第11軍司令官に着任されています。

関連記事

  1. 藤井 治(中国名 呉健華)氏の生涯 ~もうひとつの”わだつみのこえ”~ ④

  2. 藤井 治(中国名 呉健華)氏の生涯 ~もうひとつの”わだつみのこえ”~ ②

  3. 藤井 治(中国名 呉健華)氏の生涯 ~もうひとつの”わだつみのこえ”~ ③