【深田萌絵(浅田麻衣子)デマ】WiLL増刊号 #049【驚愕!】橋下徹さん、いかがでしょう?これが日本国籍乗っ取りの証拠です!

WiLL Moe Channelが2019年6月11日に公開した【驚愕!】橋下徹さん、いかがでしょう?これが日本国籍乗っ取りの証拠です!【深田萌絵】【WiLL増刊号 #049】を文字起こしした結果、数々のデマを発見しました。
文字起こしは深田萌絵(Revatron株式会社 代表取締役社長 浅田麻衣子)氏の部分で、かつ藤井一良氏に該当する部分だけを文字起こししています。
また、私の耳が悪いのか、滑舌が悪いのか分かりませんが聞き取れなかった部分もあり、また「えー」「あの」などが多く、細かい部分は漏れていますが、デマ検証には問題無いレベルで文字起こししています。
所々で解説を入れてます。

WiLL増刊号 #049 文字起こし

1:20秒からの文字起こし

私ずっとファーウェイと戦ってるじゃないですか。このファーウェイの最初のスパイっていうのが日本人の戸籍を乗っ取った背乗りだったわけですよ。だから、その、その背乗りだっていうことが分かったのが、なぜ分かったかというと、たぶんこれね、証拠を完全に押さえてるの日本初だと思うんですよ。ついに押さえた背乗りの実態ね。で、だからその、ファーウェイスパイのね日本の戸籍と、あの訴訟してると戸籍取り寄せられるんですよ。弁護士制度利用して、あとその中国の戸籍も取り寄せて、つきつめると、なんとちょっと色々ね見えてきたんですよ。

解説①

深田萌絵氏はファーウェイと戦ってるわけではなく、テンセントやファーウェイとパートナーシップ契約を締結するほど仲が良いので戦っているというのはデマです。
Revatronが中国テンセントとケントンIoTとの戦略的パートナシップ締結を発表 zakzak

で、その時になぜこの人は背乗りだったかって分かったかというと、それがまぁ足立さんとか、あの~維新、あ~橋下さんのね仰ってる、出生地、出生地の記載をするなっていう主張なんですけど、いや出生地があったからこそ背乗りが発見できたんだよっていう話から、ちょっとあの~なんか炎上、お互いに炎上して、なんかそのうち炎上が飛び火して足立さんが乗ってる車が実はそのベントレーだったってことになり、そのそのうちなんかあの小坪議員がベントレー足立とか言って呼んで今度はベントレー足立とかいって呼ばれてベントレー足立って俺のことをなんか、俺のその写真を、ベントレーの写真を載せるなコラーみたいな感じで足立さんが小坪さんのブログをさらにツイートして返信するって、いやいや自分で宣伝しちゃダメでしょみたいなね、そんなちょっとおかしな展開になってて、まぁちょっとこれ今回なんか、なんでこんな炎上しちゃったのかなって思って私、別に維新とか足立さんに別に(聞き取れず)つもりなかったんだけど、まぁとりあえずね、これファーウェイのスパイがどうやって発覚したか、ちょっとお話するとですね。

解説②

私は何度もTwitterでツイートしていますが、藤井一良氏の件を橋下徹氏の戸籍廃止論に絡ませたのは深田萌絵(浅田麻衣子)氏です。また、橋下徹氏の戸籍廃止論に反対する人は当サイトの記事をご覧いただければ橋下徹氏を批判するのではなく深田萌絵(浅田麻衣子)氏を批判しないと、中国残留邦人三世の出生を悪用した長年に渡るデマ発信&拡散による人権侵害・名誉棄損行為ですので戸籍廃止の参考例となる可能性があります。

そのファーウェイのスパイがえーっと私のね大学の時の同級生だったんですよ。
F井君っていうんですけど、F井君はね、彼は山口県防府市生まれでお父さんが中国人でお母さんが、あ、お父さん日本人、お母さん中国人のハーフなんですみたいな話をしていたんですよね。
で、それであのーまー契約を結んで、うちはあのー技術をね、技術を出すけれども向こうは、その技術を持ち逃げしないように1000万円を保証金として預けてくれって言ったら。うちの技術を持ち逃げしてファーウェイにね、なんか持ってっちゃって。ところが、その保証金は貸した金だから返せっていう風に主張してくるわけですよ。
そこから、まぁ係争っていう訴訟と係争がはじまるんですけど、で、途中でなんかおかしなことに気が付くんですよ。
彼が、あの中国語で電話しているのにね、あのCTUが今の誰って聞いたら、今のはお父さんです。っていうんです。
で、そうしたらね、え、お父さんが日本人でお母さんが中国人じゃなかったのっていう風に聞くと、いえいえ違います。。お父さんが中国人でお母さんが日本人のハーフなんですっていう風に言い換えたんです。
あれ、お父さんとお母さんの国籍入れ替わってるみたいな。ことを思い出し、それで、あのーもしかしたら、この人、あのーなんか、おかしなことを、戸籍なんかおかしんじゃないのかなって思って、戸籍を取り寄せたんですよね。
そしたら、もっとすごいことがあったんですよ。
この彼のね、お爺さんって、中国で中国湖南省で亡くなられた方なんですよね。
で、平成三年に中国でね、えー亡くなった日本人の男性がいて、それから約二年後の平成五年にまぁ中国人の女性が私、実はこの人と結婚してました~っていう結婚届けを出すんですよ。そうしたら受理されるんです。
死んでるんだけども、結婚してたっていうこと死後婚姻が認められちゃったわけ。
それでね、えー死後婚姻が認められた後に実は子供いました、40歳のF井T夫さんという息子さんがいましたっていうことで、あの出生届を出すんですよ。
40歳のおっさんの、ねぇ、出生届を出して防府市役所はまた受理しちゃうんですよ。で、これでイチ国籍ゲットですよ。日本国籍イチゲットね。
で、実はそのそのF井T夫にえー息子がいました。
最初に死んだ人のお孫さんがね実はいました。10歳です。
で、これも出生届を出すと、またそれもね、えー日本国籍ゲット。ってこれツーゲットでしょ。
で、私はこれを見て、これって背乗りじゃないの?って思ってたんですよ。え、だって死んじゃってるわけですよ。中国で。
中国で死んじゃってる人をね、えー実は私結婚してましたとかゆって子供いました、孫もいましたとかいって、どんどん日本戸籍取ってて、え、そんな死んだ後に子供がいましたみたいなね。
認められちゃいけないよね。
何個でも撮れちゃうでしょ。これ許しちゃいけないよねと思って。

解説③

「平成三年に中国でね、えー亡くなった日本人の男性」は藤井治(中国名 呉健華)氏であり、「それから約二年後の平成五年にまぁ中国人の女性が私、実はこの人と結婚してました~」は藤井治氏の奥さんである周健華氏です。
藤井治さんの中国名が呉健華というのは「藤井 治(中国名 呉健華)氏の生涯 ~もうひとつの”わだつみのこえ”~」①~④をご覧下さい。

ご覧の通り「実はこの人と結婚してましたぁ~」では無いことは明らかに分かるでしょう。
「40歳のF井T夫」は藤井健夫(中国名 呉也凡)氏のことで藤井治氏の長男で、藤井一良(中国名 呉思国)氏の父親です。
「最初に死んだ人のお孫さんがね実はいました。10歳です。」は藤井一良(中国名 呉思国)氏のことです。
藤井治氏の死後に婚姻届けが出され認められ、藤井健夫氏と藤井一良氏の出生届が出され受理されたのは、「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成六年法律第三十号)」の「(就籍等の手続に係る便宜の供与)」が適用されますので就籍手続きによるものです。

婚姻届けが出されないと親子関係が成立しませんので、まず婚姻届けが出され、長男である藤井健夫(中国名 呉也凡)氏の出生届けが出され、その次に藤井一良(中国名 呉思国)氏の出生届が出されたという流れになります。
また、日本の国籍法の第三条にはこうあります。

このようになんら違法性も特殊性も無い中国残留邦人の就籍手続きになります。
なお、中国残留婦人の場合、昭和59年12月までは父系主義がとられ、外国人父と日本人母の間に生まれた子には日本国籍が与えられなかったため、昭和59年12月までの中国残留婦人と中国人男性との間に産まれた二世の場合、就籍ではなく帰化手続きになります。また、一世である中国残留婦人が日中国交正常化までに中国国籍を取得したら、国交正常化の日に日本国籍を喪失しますので、その為、一世の場合でも日本国籍を取得する場合、帰化手続きになります。
そして出生届けが出されたという時点で乗っ取りではありませんので、背乗りには該当しません。

ほんと、その中国人なんでしょっていうことを私はその、探しまわるわけですよ。
で、それであの、そのファーウェイスパイの彼の会社のね、えー中国の会社があるわけですよ。中国の子会社の謄本をまず取り寄せたんですよね。
そしたら、日本人の名前じゃなくて呉思国っていう中国人の名前が社長になってるんですよ。呉思国。
で、その株主欄を見ると、呉思国、呉也凡っていう風なあの、名前が書いてあって、えーっとね、この謄本から、あの会社の謄本から何がわかるかというとね。外資だと外資って記載されるんですよ。
って外資って記載されてないんですよ。ってことはこれは中国資本なんですよ。
ということは、この二人は中国人じゃないとなりたたないんですよね。
で、それであのー彼の中国語版のそのーもう一つの会社のウェブサイトを見てみるとですね、なんかおかしなことに、えーっと、このF井、F井さんは、四分の三が中国の血が入ってるハーフですっていう風にハーフじゃない、クォーターですってゆう風に書いてあって、あ、あれ、ハーフ、もともと日中ハーフって聞いてたのに、今なんかクォーターになってるぞってなって、えーこれはもう絶対に、おかしいと思ってですね、で、あの中国人の友達に、この呉思国と呉也凡の戸籍取ってきて頼んだんですよ。
で、この最初にもらってきたのが、このこっちのカラーのね。えーパソコンの画面なんだけれども、このパソコンの画面を見ると、やっぱりその写真をさ、私のその日中ハーフだっていってる、あの日本語の名前を持つね、同級生の顔なんですよ。まったく。
これまったくの、その本人なんですよ。
でも、民族みたらさ、漢民族って書いてるでしょ。
漢族って書いてるんですよ。
で、誕生日見ても同じだし、で出生地みたら、やっぱり湖南省って書いてあるんですね。
で、そのお父さんね、お父さんの呉也凡なんですよ。
でも呉也凡はその昔の名前はまーF井さんっていうね、あの日本語名前なんですけど、でも民族見ても日本人って書いてないんですね。
漢族って書いてあるわけですよ。

解説④

中国の民族表記は「民族識別工作」というものです。
中国残留日本人孤児などに由来する日系、香港・マカオの返還にともない中国の国民となった英国系やポルトガル系は、少数民族としては扱われていない。一方、朝鮮・韓国系を朝鮮族、ベトナム系を京族、ロシア系はオロス族等として少数民族の括りで扱われている。(Wikipedia 中国の少数民族

これは、ますますおかしいと思ってですね、あのー私はその、彼をね、訴訟してやろうと思ったんですよ。中国で、でね、えーっと中国語の訴状を作って、それであの日本から、中国人を訴訟することってできるんですよね。
それ、どうやってやるかというと、あの中国で、えー弁護士を雇い、その日本で、その自分でそのパスポートとかを、あの公正証書で添付して、この人を訴訟しますっていうことを、あの大使館でハンコもらうんですよね。
で、大使館、今大使館はそのパスポートセンターみたいなところが代理でハンコくれるんだけれど、そこに行って、えーっと、このあの、呉思国と訴訟するんでハンコくださいって頼むわけですよ。
そうするとね、あの、つきかえされて、あの本人の了承が無いと、訴訟ができませんっていうわけ。
断られちゃったわけですよ。これってさ、このまーまこれ別の問題だからいいけど、中国の大使館がさ、日本ではさ、中国人が日本人をさ訴訟しまくって財産横取りしまくってるのに、中国人は中国人は訴訟させないということを中国大使館やってるわけ、まこれもウザイなって思って、ま私また去年中国に行ってですね。
あの弁護士に、じゃあ私、直接中国であいつ訴えるわ中国毎回行きます、あの******(聞き取れず)
それだけのためにくるよ、やろうって話で、でところで、あのこのカラーのね、パソコンじゃなくってあのー正式な、正式なその、あの呉思国、呉也凡のね、えー戸籍ちょっと取り寄せてもらえませんか、訴訟するとまー戸籍取り寄せられるので、取り寄せたんですよ。
そしたら、なんとこのね、この呉也凡のお父さん、呉也凡は元F井さんていう名前なんだけど、この人のお父さんの名前が呉健華なんだよね。
そうそうそう、だからさ、こっちの、ちょっとあのこれ出しちゃうとアカウントバンされちゃうんで見せられないんですけど、そのお父さんの日本の戸籍はね、日本の戸籍の方にはF井T夫のお父さんは、F井Oさんていう日本人って書いてある訳、
そうでしょ。
なのに、こっちでは、お父さん違っちゃうんだよね。

解説⑤

正式な呉思国氏と呉也凡氏の戸籍を取り寄せたと言ってますね。
ということは深田萌絵(浅田麻衣子)氏のブログ等で「呉健華」と記載されている中国戸籍は正式なものであるということです。
中国残留邦人一世である藤井治氏は中国政府成立後の周健華氏との結婚時に中国戸籍を取得したと思われます(調べた所、ほとんどの中国残留孤児、婦人、邦人が中国政府成立後に取得している)。
藤井治氏は周健華氏と結婚当時、出身不明者として結婚を認められなかったと証言されています。(動画参照)
ですので長男である呉也凡氏の中国戸籍の父親のところに「呉健華」と表記されるのは当然です。
もう一度、復習します。
藤井治氏は学徒動員で出兵、終戦後に湖南省に残留。
中国政府成立後、結婚時に中国戸籍を取得し中国名「呉健華」を得る。日本国籍は維持(二重国籍)となります。
その後、長男である呉也凡さんが誕生し、日中国交正常化の後、一時帰国(永住帰国ではない)。
その後、中国に帰国。
呉思国氏が誕生する。
藤井治(呉健華)氏が亡くなった後、「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成六年法律第三十号)」の「(就籍等の手続に係る便宜の供与)」による就籍手続きにより妻の周健華氏の婚姻届けが出され、長男の呉也凡氏、孫の呉思国氏の出生届けが出され日本国籍取得となり、呉也凡=藤井健夫、呉思国=藤井一良となる。
えーっと、深田萌絵のデマを鵜呑みにして中国の戸籍を拡散しまくった人達どうするんでしょうかこれ…。

これだって、あの全ては、これ出生地が、戸籍に記載されてて、それで発覚したことだから、それなのにさ、その戸籍から出生地を表示する意味はないから出生地は消しましょう、差別を助長するツールだーっとかって言われても、いやいや普通の人は戸籍見えないだからさ、出生地書いてようが書いてまいが、その差別って差別がおこるかどうかという問題じゃないよ
(中略)
だって、出生地を記載されていたから背乗りが暴かれたと、じゃ、今後背乗りに関してどうするつもりなんですかって、背乗りの問題ね、今回さ、私これだけ資料を集めて、この人は本当は日本人じゃなくてね、背乗りなんですよっていうことを裁判所に持ってて立証したんです。
そしたら、裁判所はさ、何て言ったかていうと、あのーこうやって、あのー背乗り問題があって戸籍に問題があるときは家族しかそれ主張できないんですよ。
そうなんです、家族しか、その戸籍にその嫌疑があって、この人は偽物ですっということを主張はできないんですよね。

解説⑥

WiLLさん…どうするんですか…これ…。

最早、出生届けの時点で戸籍乗っ取りである背乗りではないことは明白ですし、婚姻届けの提出、出生届けの提出・受理は就籍による手続きと法的にも説明がつきます。

だってさ、この中国で亡くなられたF井さんっていう人は、まーあの妹さんが一人だけいるだけでね。で、妹さんは、その私がその戦っているファーウェイスパイの雇った弁護士に破産宣告されて、財産全部奪われちゃってるわけ。
そしたら、あの知らない知らない間に親戚増えてて、絶対この血縁関係ありませんって分かってても、それを訴えるお金も無いんですよ。
なすすべ無でしょ。
ということは今の戸籍法の戸籍制度の中で一番その改正しないといけないのは背乗り問題が発覚した時は、すみやかにその戸籍を、ね抹消するとかね。二重国籍が発覚した時はまー日本国籍をねすぐ削除できるとかね、やんなきゃいけないわけですよ。
蓮舫のときだって、その法務大臣がすぐに蓮舫に一か月以内に選択するように通告してたら、そしたらさ、彼女の日本国籍剥奪できたわけですよ。
私はなんだろ、どうして法務大臣がそれやらなかったんだってことで国賠起こしたんですけど、負けちゃいましたけどね。
だから、その背乗りをいかに、その見つけても、今のところ、あの背乗りを退治する法律がないから、この問題を先に何とかしませんかっていうことをね。
法律ないんだもん。
これだって、結構大変なんですよ。
中国に行ってね中国人にお願いお願いとか言って中国人の情報頂戴とか言ってね。
(聞き取れず)だからまぁー、あのーこうやってせっかく立証したんだからさ、ちょっとその背乗り問題をもー日本政府もね、(聞き取れず)
(省略)

解説⑦

下の図にも妹と表記されていますが、藤井治氏は妹ではなく姉、弟二人の四人兄弟です。

そして、「妹さんは、その私がその戦っているファーウェイスパイの雇った弁護士に破産宣告されて、財産全部奪われちゃってるわけ。」と言っていますが、彼女のブログからその部分を挙げてます。
深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ「藤井一良による悪質行為 消されたブログ」2016/09/02 01:52

深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ「【場外戦17】藤井一良/呉思国年表」2016/09/02 08:38

深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ「藤井一良が国内で猛威を振るった理由」2016/09/10 22:49

どういうことでしょうか、14歳の藤井一良氏が弁護士を雇って破産宣告させたんでしょうか?
14歳と19歳の時に?破産って7年間の期間をあけないと二度目はできません。
散々、こんなに言っておいて、深田萌絵(浅田麻衣子)氏はこのような事を言い放つ始末…怒りしか出てこない。


深田萌絵(浅田麻衣子)氏のデマに便乗したWiLLや支持者はどうするんでしょうか…これ…。

関連記事

  1. 【デマ②】深田萌絵(浅田麻衣子)氏の『騙されて』『技術を盗まれて』

  2. 【デマ①】深田萌絵(浅田麻衣子)氏の『ファーウェイのスパイ』

  3. 【デマ③】深田萌絵(浅田麻衣子)氏の『会社が潰された。』