【タレコミ】エア野党の会代表の山岡鉄秀氏の功績である「豪慰安婦像設置阻止」実は「K・T」氏が真の立役者

下記の記事をご覧の皆さんはエア野党の会代表の山岡鉄秀氏の功績である「オーストラリア慰安婦像設置阻止」はデタラメと思っているだろう。

はすみとしこ氏のツイートを見た時は「本当?!だとしたらかなり駄目でしょう!」と思ったほどで、いつか本当の事を突き止めてやろう!っと思っていたところ、6月24日DMでタレコミがあった。

今ちょうど、オーストラリア慰安婦像阻止の真の立役者たる有志たちのリーダーだった、K・T氏が日本に戻ってきているのだが、山岡は早速会いに行った。おそらく口止めの念押しをしに行ったのだろう。

なるほど、タレコミ通りならエア野党の会のホームページで「山岡鉄秀代表の実績」と紹介している三つのうち二つはエア実績ということになる。


なぜ、山岡鉄秀氏は即会いに行ったのか、それはこういうことらしい。

オーストラリア慰安婦像の時、無名の有志が運動したところでどこのメディアも取り上げない。
それなら「山岡(当時メディアが食いつくと思われていた)一人でやったことにしよう」となり、本当のオーストラリア慰安婦設置措置の有志達は手柄を山岡に渡した。
現地の有志が後になって怒ってるのは「お前そのネタを何年引っ張るんだよ!」ということ。
今でも事あるごとにオーストラリアネタをして自己自慢してるところが癪にさわる。

私の中の山岡鉄秀氏の評価は、青山繁晴批判を展開したKAZUYA騒動中の山岡鉄秀氏の発言や、香港デモを受けて発言した内容を見ると、明後日の方向に行ってる人物であるのは間違いなく、行動力はあるとは思うが、リーダー的な資質があるのかという話では無いと思う。
それに、エア野党の会の集金方法はとてもエグイ。


エア野党の会は指摘をして表示するようになった(内容は違反中)が「放送法遵守を求める視聴者の会」も、なぜ特定商取引法に基づく表記が無いのか。
細かいところを指摘していると思われるが、左翼に「法律も守れない奴らが憲法守れとはよく言える」と言えなくなるのは目に見えている。

きちんとしてもらいたい。

関連記事

  1. 【名誉回復】藤井一良氏の祖父「藤井治」氏のストーリーと解説及び深田萌絵の詐欺手口

  2. これぞ中国4000年!!中身スカスカの青山繁晴研究さん話がかみ合わないのはパクリだったから。笑

  3. 【空前絶後】ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)のパヨクを余裕で越える当たり屋っぷりをご覧あれ!

  4. 【やっぱデマw】ピンクスパイガー深田萌絵‼︎ インテル元会長傳田氏と全くの無関係でした‼︎w

  5. 【悪質】保守層にデマを発信し続ける深田萌絵信者達

  6. シナリオ通り?台本があったのか「KAZUYA騒動」を考えてみる①

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。