【謎】深田萌絵氏が藤井一良氏の実母とする女性は「版権管理司国際処長」「中共宣伝部下部組織広電総局処長」のどっち?それともデマ?

深田萌絵氏が、藤井一良氏の実母は鄧小平の娘として紹介していたのですが、色々と調べてみると「鄧小平の愛人の娘」とも深田萌絵氏は過去に言っていましたので、ちょっと調べてみました。

こちらの記事内で紹介してるツイートで深田萌絵氏は「彼の祖父は中国共産党中央軍事委員会主席だった。」と言っていますが、藤井一良氏が動画を公開した時点で藤井一良氏のブログの通り、祖父である藤井治氏が純粋な日本人であり、現地の学校に行き、医療を学び、国在留邦人の医師だった事が判明したので深田萌絵氏のデマが確定しました。

ですが、娘に関しては深田萌絵氏の過去発言を見ると正妻と鄧小平との間に産まれた娘ではなく、愛人という事だったので改めて調べてみたのですが、鄧玉華という同名の女性がいて、愛人というワードが入った歌を歌ってる歌手は見つかりましたが以下、深田萌絵氏のツイート画像とは全くの別人でした。
恐らくですが、それで愛人としているのでは?と思っています。笑



本当に不思議「萌絵ワールド」

ただ色々と調べていくと、深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログの「藤井一良が国内で猛威を振るった理由(2016/09/10 22:49」に、この画像(編集されていないバージョン)がありました。

上記のツイート(午前9:46 · 2016年4月7日)の画像には、「藤井一良が国内で猛威を振るった理由(2016/09/10 22:49」にある画像の「国家新聞出版総署(版権局)版権管理司国際処長 鄧玉華」がなかったので、わざわざ、編集しなくてもいいだろうに…っと思ったのですが、更に掘り下げて探してみると、ある記事を見つけ、ある内容に目が止まりました。

【場外戦23パナマ文書】東京地裁虚偽裁判と資金洗浄
番外戦 事件サマリー 2016/04/06 10:08 0 –
【パナマ文書】東京地裁虚偽裁判と資金洗浄

http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/142.html
彼の母親の名前は鄧玉華、鄧小平の愛人の娘で中共宣伝部下部組織広電総局の処長だったのです。

はい…?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

えーっと、中共宣伝部下部組織広電総局処長から版権管理司国際処長になったということですか?
版権管理司って著作権とかのやつですよね…ずい分と格下げになったんじゃ…。
わずか4~5か月後に変わるものなんですかね、知りませんが。笑

ちなみに上記画像の台にある「長富宮」ですが、ホテルニューオータニ長富宮という事が分かりました。
彼女のFacebookを見ると、まだまだ展開しているので、どこまで続ける気だろうという感じがしますし、それに乗っかっちゃってる政治家や言論人等は本当に馬鹿だなって思います。

まだまだ続きますよ。

 

関連記事

  1. 【嘘が止まらない】藤井一良氏のデマネタで支持者も騙す「ピンクスパイガー」深田萌絵(Revatron株式会社 代表取締役 浅田麻衣子)氏の手口とは

  2. 【設定がメチャクチャ】ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)氏の「藤井一良と呉思国年表」にデマが酷くて笑えない

  3. 【解説】藤井治氏、藤井健夫氏、藤井一良氏の戸籍について※ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)氏による【藤井一良デマ事件】

  4. 【ピンクスパイガー】被害者続出?!誰でもスパイ扱いしちゃう深田萌絵氏の信じられない作り話とは

  5. 【頭のいい子は真似しないように!】余命&深田信奉者のデマが酷い

  6. 【踏み倒し計画倒産】藤井一良氏スパイ・背乗りデマの「ピンクスパイガー」深田萌絵(浅田麻衣子)氏の悪質なロンダリング術

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 通りすがり

    ツイッターから来ました。
    深田さんもともとは中国にべったりの人でしたのになぜ路線変更されたのでしょうか?
    https://www.youtube.com/watch?v=sTZMvXmzHOk

  1. この記事へのトラックバックはありません。