【第三弾】いい加減にしろ!!深田萌絵(浅田麻衣子)氏の作り話と作り話に洗脳された人達

コチラの記事に記載している「藤井一良氏の経歴という画像」の部分ですが、誤った内容でした、正しくは藤井一良氏自身のブログで説明されておりますので、ご覧になって下さい。

【萌絵ワールド全開!!】藤井一良氏の実母が鄧小平の娘は深田萌絵(浅田麻衣子)氏の作り話!!デマ!!

さて、藤井一良氏自身のブログを見て気になったコメントがあった。

No title
大伯母は藤井という名前と防府という土地に深い思い入れがあったようですが、そんな大伯母が「呉思国」を名乗る事をよく賛成して下さいましたね~。

これなのだが、この藤井一良氏自身のブログの、どこに名前に深い思いれがあると解釈できる文面があるのか教えて欲しい。

もし、帰化しているのに「呉思国」を名乗ってるのはおかしいじゃないか!と言うのなら、金美齢氏はどうなのだろうか?
金美齢氏は違うのか?なぜだ?
帰化をしているのに母国名を名乗るのが可笑しいという話ならどっちも同じだろう。

やってる事は笑えないレベル

深田萌絵(浅田麻衣子)氏の長年による、藤井一良氏や父親、祖父、ご家族に対しての「スパイ」「背乗り」「なりすまし」「実在しない」等は明らかな人権侵害と名誉棄損であり、またソースコード盗用は藤井一良氏の会社に対する風評被害であるのは明確である。
そして、藤井一良氏の承諾も無いまま戸籍を公開した個人情報漏洩も付いてくる。

藤井一良氏の祖父、藤井治氏は戦争で戦った日本人であり、戦後は現地の中国人の人達の為に追力した人物。
動画をご覧になったら分かる通り、市葬も行っており、どれほど現地の人達に尊敬、慕われていたのか分かるだろう。
既に深田萌絵(浅田麻衣子)氏による作り話が確定しているが、中国共産党が絡むと、目が霞んだり、判断力が鈍るのは理解ができない。

また、深田萌絵氏の出生地削除撤廃?廃止?で、橋下徹氏とバトルを繰り広げたことから、橋下徹氏や維新嫌いの人達からしたら、橋下徹氏が藤井一良氏に関する事を指摘したら、同じように取り扱うが「それとこれ」は別問題だ。
深田萌絵氏が一緒くたにして批判をしているが、冷静に橋下徹氏の発言を見れば分かるが言っているのは上記の部分、人権侵害、名誉棄損、個人情報の無断公開、ソースコード盗用など事実無根による風評被害だ。

そろそろ冷静な判断をして欲しい。
笑えないレベルを、とうに超えている。

関連記事

  1. ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)Twitter復活も深田事件批判者をことごとくブロック!!

  2. 【超謎】深田萌絵さん「日本のIT企業が中国に盗まれてる」とするも中国企業と戦略的パートナーシップ契約を締結する。

  3. いつまで保守界隈は深田萌絵やKAZUYAなどの似非・ビジネス保守を持ち上げるのか

  4. 【悲報】エア野党の会代表の山岡鉄秀さん香港デモの件をなぜか日本政府に求めてしまう。副代表のKAZUYAも駄目だこりゃ。

  5. 【名誉回復】藤井一良氏の祖父「藤井治」氏のストーリーと解説及び深田萌絵の詐欺手口

  6. 【組織犯罪⁈】いよいよヤバイ‼︎ピンクスパイガー深田萌絵と青にゃん界隈の関係とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。