特定商取引法違反?資金決済法違反?【エア野党の会】のヤバさを解説①

「エア野党の会」とは山岡鉄秀氏を代表に、副代表のKAZUYA氏、幹事長に株式会社オンザボードの和田憲治氏で構成されている任意団体。
私自身、今回の騒動で山岡鉄秀という人物を初めて知ったので、あまり知らないという人達のために簡単に説明をします。
和田憲治氏はKAZUYA CHANNEL GXでKAZUYA氏と共演してる人で、竹田恒泰チャンネル等言論サイトを運営する株式会社オンザボード代表取締役になります。

山岡鉄秀氏とは

山岡鉄秀氏は本名「奥田 秀行」と言い、昭和40年、東京都生まれであり、経済評論家の上念司と同じ中央大卒である。
他に、シドニー大大学院、ニューサウスウエールズ大大学院修士課程卒で現在、モラロジー研究所の研究員。
エア野党の会のホームページでは「2014年、豪州ストラスフィールド市において慰安婦像設置計画に遭遇。現地日系人を率いて2015年8月、設置阻止に成功した。」と記載されているが、漫画家の「はすみとしこ」氏によると、これは山岡鉄秀氏による功績では無いらしい。

はすみとしこ氏の性格を考えるとオーストラリアの慰安婦像阻止の裏話は本当でしょう。
多くの保守層が感じていると思うが、慰安婦関連でテキサス親父事務局や杉田水脈氏、はすみとしこ氏の貢献度はかなり高い。
私はそこら辺を非常に高く評価しているので、私がはすみとしこ氏と同じ当事者だったらブチギレですね。

この時点で怪しさがプンプンしますが、エア野党の会のホームページ(https://www.tea-party.jp/)を調べるとヤバイことが分かりました。

特定商取引法に基づく表記違反

まず、現在は表記されているが、特定商取引法に基づく表記やプライバシポリシーの表記がありませんでした。
つまり違反・違法状態であったという事です。
現在は特定商取引法に基づく表記もあり、プライバシーポリシーもありますが、特定商取引法に基づく表記内での料金に関しては具体的に明確に記載する必要があるのですが、未だそれは改善されていませんし、DVDやビデオなんて販売していませんから特定商取引法に基づく表記違反は継続中という事になります。

エア野党の会のホームページ(https://www.tea-party.jp/)では「入会 1,080円/月」となっています。

ですが、道真@時間が足りない(@michizane_201x)氏より提供された確かな情報(コチラのページ)では、月会費は月1080円ではなく、最高54000円まで設けられていることが分かります。

また、コチラのページに記載されている内容には
金額の多寡にかかわらず会員としての権利は同じです。
飽くまで当会を資金的に応援したい方に向けた設定となっていますので、
ご自由にお選び下さい。

と書かれています。
ですが、エア野党の会の特定商取引法に基づく表記にはこのように記載されています。

これは明らかに特定商取引法に基づく表記違反になります。
参加利用規約が設けられているので、ボードメンバーである山岡鉄秀氏、KAZUYA氏、和田憲治氏に責任があります。

特定商取引法とは – 特定商取引法ガイド(消費者庁)

そして私が特に問題視しているのは入会とは別に設けてある「投げ銭」です。
その件については次のページで説明しています。

特定商取引法違反?資金決済法違反?【エア野党の会】のヤバさを解説②

関連記事

  1. 【俺の燃料棒ガーーーwwwww】福島原発を視察したKAZUYA氏&オンザボード和田憲治氏が燃料棒ネタで大爆笑!!

  2. 【悲報】エア野党の会代表の山岡鉄秀さんオーストラリア経由で日本国士運営者の松岡を脅迫する

  3. 【ぱっと見やばい】フォロワー数約7万8千の政治系No1YouTuberのKAZUYAさん、フォロワー数464の花くまさんに圧勝wwwwwwwwwwwwwwww

  4. 【嘘】エア野党の会の山岡鉄秀氏の実績「北朝鮮工作船展示」は、ただ単に外国人の問い合せが多かったから。笑

  5. 業務停止?逮捕?エア野党の会HPを制作した株式会社オンザボード(ON THE BOARE)を解説

  6. 青山繁晴氏の握手してガンが治ったは政治系YouTuber KAZUYA(エア野党の会副代表)によるデマ

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ぽち

    KAZUYAさんて今も変わらず「日本エア野党の会」の副代表ですよね?
    「日本エア野党の会」についての活動など、KAZUYAさん本人から何か発信されてますか?
    KAZUYAさんが副代表の意味あるの?名前貸しているだけ?
    それとも問題ありすぎて触れたくないとか??

  1. この記事へのトラックバックはありません。