【頭のいい子は真似しないように!】余命&深田信奉者のデマが酷い

アイキャッチに設定した方をご存知の方もいると思うが、藤井一良氏の件でデマが酷く、まだ馬鹿な事を言ってるので反論したいと思う。

まず、深田萌絵が主張する「ファーウェイのスパイに騙されて、技術を盗まれて、会社が潰された」という主張は深田萌絵が藤井一良氏を訴えた裁判は深田萌絵側が的確な証拠の提出もできず、ことごとく全て敗訴しています。
深田萌絵が藤井一良氏に対して起こした当事者不適格訴訟は深田萌絵の背乗り、成りすまし主張です。
当事者不適格であれば藤井一良氏が深田萌絵を訴えた1000万円の返還裁判などは無効となるから起こしましたが、これも深田萌絵は的確な証拠の提出もできず敗け
ています。
技術を盗んだというのも、人民解放軍に流したというのも、成りすましも、背乗りも全て的確な証拠の提出もしていません。
逆に深田萌絵は1000万円の返還裁判からは約7年間も逃げ回っています。
頭の良い人なら、ここで理解できるでしょう。

スパイや背乗りなどは1000万円の返還やその他の藤井一良氏から訴えられた裁判を無効にするためにでっち上げたデマだと。

① ファーウェイのスパイ
エビデンス無し&証拠無し。ただ言ってるだけ。

② 騙されて
藤井一良氏から保証金という名目で1000万円を確定返済日+遅延損害金を設定の上、契約書を交わした。
契約書は深田萌絵(本名 浅田麻衣子)が作成。
2011年(平成23年)11月29日に300万円、同年12月19日に700万円を深田萌絵氏とジェイソン氏が共同代表であるRevatron株式会社に送金したが未だに返していない。

③ 技術を盗まれ
盗んでいない、盗んだとするソースコードはコンパイルできない使い物にならないポンコツ。
深田萌絵(本名 浅田麻衣子)の会社の技術に関する検証は「深田事件の技術面の検証」を参照してください。

④ 会社が潰された
潰してるのは深田萌絵。代表清算人は深田萌絵。
藤井一良氏が1000万円の返還を求めて深田萌絵の会社の預金口座を仮差押えしてからも深田萌絵の会社の資本金は増額してる。

と今現在、全ての主張がデマ確定しており、背乗りというのもデマ確定しています。
藤井一良氏のご家族の国籍に関しては以下の記事を参照して欲しい。
【藤井さんご家族の国籍解説】
なお、こちらのブログも併せて読むと更にわかります。
栗ティーク21のブログ

そして、アイキャッチ画像にしている方が言ってる主張がこれ。


自慢げに貼ったブログを見ていたが…ソースが無く、ただ妄想を述べてるだけのブログだった。笑
★共産党系、左派の弁護士が「裁判員制度反対運動」を行っているのをご存知でしょうか。
裁判員制度反対運動とかは、とりあえず本件に関係無いので割愛するが、彼女が言ってるのはこの部分。

藤井一良氏の国籍取得について、よくこの梶原利之弁護士が出てくるのですが、藤井一良氏が深田萌絵との裁判弁護士でもありますので、深田萌絵もこの梶原利之弁護士を妄想デマで中傷しています。
で、この梶原利之弁護士のプロフィールを事務所のホームページで確認をしたところこのようになっていました。

梶原法律事務所
梶原 利之
1985年 司法修習修了(37期)、弁護士登録
1994年 当事務所設立

千葉県弁護士会 日本司法支援センター対策委員会
同会 法曹人口対策委員会
同会 刑事弁護センター

では、藤井一良氏が就籍(出生届け提出)により日本国籍を取得したのは何年かと言うと「1994年」です。

日本人でありながら戸籍のない者について新たに戸籍に記載されること。就籍をするには家庭裁判所の許可を得るか,または判決を得て就籍の届け出をすればよい (戸籍法 110,111) 。しかし,出生届が怠られたために無籍となっている場合にその届け出義務者があるときは出生届をすることにより,また乳幼児の場合には棄児発見調書によって同一の目的を達することができる。新たに就籍する者については,原則として,父母がある場合にはその戸籍に入籍し,父母がない場合には自由に氏を選定し新戸籍が編製される。(引用:コトバンク

藤井一良氏は1984年の生まれですから、出生届けが出されたのは何と10歳!!!!
えーっと当時10歳の藤井一良氏が事務所設立したばかりの梶原利之弁護士に依頼したってことですかね?笑
それに手配ってどうやって手配したんでしょうか?

藤井一良氏の祖父は学徒動員で中国大陸に出兵された元日本兵です。
終戦から日中国交正常化以降に山口県の防府市役所に自身の生存と家族の所在を問い合わせる手紙が届くまで日本の家族は死亡届の提出を拒んでいましたから藤井治さんの日本国籍は喪失していません。
ですので、周健清さんとご結婚されて藤井一良氏の父、藤井健夫(中国名 呉也凡)氏は当然、日本国籍を取得できるはずですが、藤井健夫氏が生まれた年は中華人民共和が成立した1949年(昭和24年)の約4年後です。
生活も厳しく、連絡をする術も無くという藤井治氏の手紙内容の通り出生届けすら出せない状況でしたから上記の就籍の内容に該当します。
当然、藤井健夫氏の息子である藤井一良氏もこれに該当します。

深田萌絵信奉者は中国国籍法を出して中国国籍を抜けられないのはスパイだ!等と馬鹿な事を言っていますが、以下の部分を意図を持って外しています。

第十条
中国の公民は次の条件の一つを備えた場合には、申請、許可を経て中国国籍を離脱することが出来る

1外国人の近親であること
2外国に定住していること
3その他正当な理由があること

第十一条
中国の国籍離脱を申請して許可された者は中国の国籍を失う。

申請すれば離脱できるみたいですね。笑

ちなみに深田萌絵が藤井一良氏を訴えた裁判の中には高裁で敗けてるのもありますので、こういうことを言ってるとリアルに心配されてしまうので、ちゃんと情報を収集して、ソースの提示も無く、ただ言ってるだけのブログを信じるのは止めましょう。

それにしても新しい証拠って何なんですかね。笑
的確な証拠の提出もできていないのに新しい証拠って。笑

関連記事

  1. 【空前絶後】ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)のパヨクを余裕で越える当たり屋っぷりをご覧あれ!

  2. 【設定がメチャクチャ】ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)氏の「藤井一良と呉思国年表」にデマが酷くて笑えない

  3. 追加※【青山繁晴伝説】100メートル12秒4は嘘ではなく本当だった⁉︎その真実とは‼︎

  4. 【嘘が止まらない】藤井一良氏のデマネタで支持者も騙す「ピンクスパイガー」深田萌絵(Revatron株式会社 代表取締役 浅田麻衣子)氏の手口とは

  5. 【踏み倒し計画倒産】藤井一良氏スパイ・背乗りデマの「ピンクスパイガー」深田萌絵(浅田麻衣子)氏の悪質なロンダリング術

  6. 「KAZUYA騒動」ポンペオ?ポンペイオ?パンピーオ?正しい呼び方はなに?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。