【現戸籍制度は差別助長のツール?】橋下徹氏の”戸籍廃止論”と”出生地削除”について考えてみた件

橋下徹氏の”戸籍廃止論”や「出生地を戸籍に載せなくても何の不都合はない」等のツイートを見た多くの保守層が批判的なリプライやツイートを繰り広げられ、深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏を支持する信者は狂喜乱舞した。
ちなみに、深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏は元々、多くの保守言論人も騙された「ファーウェイのスパイに騙されて技術を盗まれて会社が潰された」という主張をしており、いわゆる「藤井一良事件」をもっと注目させようという魂胆から橋下徹氏や足立康史議員に絡んだというのが正解である。
証拠に以下の記事をご覧になれば分かると思う。
【深田萌絵(浅田麻衣子)デマ】WiLL増刊号 #049【驚愕!】橋下徹さん、いかがでしょう?これが日本国籍乗っ取りの証拠です!

当時、橋下徹氏がツイートでも言及していたが藤井一良氏は被害者である。

深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏が主張する「ファーウェイのスパイに騙されて技術を盗まれて会社が潰された」は全てデマと判明しており、保証金という名目で藤井一良氏が1000万円を深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏の会社に貸したが返さずトンズラをした為、深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏の会社の預金口座が仮差押えとなり仮差押え決定を取り消そうとしたができなかった恨みから藤井一良氏の出生を悪用してスパイ・背乗りと言い始めている。

事実、深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログの2014年3月7日以前の記事には藤井一良氏や藤井一良氏の会社Alpha IT System株式会社を批判する記事は一切無く、2014年3月7日13:04の公開記事「日本の資産を中国韓国やヤクザにプレゼントする裁判所」から始まっている。
仮差押えを決定した裁判官を中傷する内容を書いており、また違う記事では仮差押えに応じたUFJも中傷している。

藤井一良氏の祖父である藤井治氏の事を中国残留孤児と言ったり、中国残留邦人と言ったり、背乗り(戸籍の乗っ取り)と言ってるのに出生届けが出されてると言ったり、藤井治氏の姉を妹と言ったり、藤井一良氏が弁護士を雇って藤井千代子さんを自己破産に追いやった!と言ってたが同性同名かも知れないと言ったりと、メチャクチャである。
保守言論人も気づかないのか、それとも臭い物に蓋をするなのか謎である。

現戸籍制度は差別助長のツール?

さて、橋下徹氏の戸籍廃止、出生地削除の話に戻るのだが、橋下徹氏はこのようにツイートしている。

日本の過去の国籍法では父系主義が取られ、父系からの取得しか認められなかったが、1985年の国籍法改正で父親か母親のいずれか一方が日本国籍を有していれば、子供は日本国籍を取得(出生による国籍取得)とすることができるようになった。
これを父母両系血統主義と呼ぶ。
例外的に“日本で生まれ,父母がともに不明のとき,又は無国籍のとき”日本国籍を取得する原因となる、として出生地主義が用いられる(wiki参照)みたいだが、この例外を見ても「出生地で背乗り(戸籍の乗っ取り)が分かる」はカスリもしない。
藤井一良氏や父親、祖父である藤井治氏の国籍の件については【藤井さんご家族の国籍解説】で解説しており、深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏の「出生地により背乗りが判明」を論破している。

戸籍の不正取得については、ここでは書けないが、深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏は明らかに的外れと言える。
これらを踏まえると深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏や深田萌絵信者らは現戸籍制度(出生地)で差別を行っているということになる。
橋下徹氏のいう通り、公にされる戸籍でだ。

上記にも記載したが、深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏は保証金という名目で藤井一良氏から1000万円を借りておいて返さずトンズラをした為、深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏の会社の預金口座が仮差押えとなり仮差押え決定を取り消そうとしたができなかった恨みから藤井一良氏の出生を悪用してスパイ・背乗りと言い始めている。

深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏の公式ブログの月別アーカイブを見れば分かる。
戸籍を取得したのはスパイを暴くためではないということだ。

これは最早、差別助長のツールと言われても仕方が無いだろう。
戸籍廃止論や出生地削除に反対する人ほど、深田萌絵(浅田麻衣子)氏に対して批判をしてデマを止めるべきだ。
これ以上、続いたら本当に実現してしまう事になる。

私は深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏のように戸籍を悪用する人間がいる以上、旅券番号、運転免許証の番号などもろもろマイナンバーと紐づけ統合し、データを国が管理する。
データの縦割りを一元化するイメージ。
照会の際は照会理由や用途を明確にし、必要最低限の情報だけ照会ができるようにした方が良いと思うようになった。
照会の際は弁護士と、依頼者も併記し、悪用するために取得した際の罰則を依頼者にも対象にする。

やり過ぎかも知れないが、これくらいしないと深田萌絵(本名 浅田麻衣子)氏のような輩にはちょうど良いと思う。

関連記事

  1. 【やっぱ公開】AJCNに山岡鉄秀氏の「豪慰安婦像設置防止」はデマか?を問い合せしてみた件

  2. 【第二弾】藤井治氏の動画公開!!やっぱり深田萌絵氏の「藤井一良ストーリー」は全くのデタラメだった!!

  3. 【設定がメチャクチャ】ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)氏の「藤井一良と呉思国年表」にデマが酷くて笑えない

  4. 【見逃厳禁】1000万円は借金なのか?!保証金なのか?!藤井一良氏の会社と深田萌絵(浅田麻衣子)氏の会社との業務提携に関する契約書を完全公開!!

  5. 【嘘が止まらない】藤井一良氏のデマネタで支持者も騙す「ピンクスパイガー」深田萌絵(Revatron株式会社 代表取締役 浅田麻衣子)氏の手口とは

  6. 【謎】深田萌絵氏が藤井一良氏の実母とする女性は「版権管理司国際処長」「中共宣伝部下部組織広電総局処長」のどっち?それともデマ?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。