【確信犯】津田大介「あいちトリエンナーレ」の表現の不自由展は”政治的には一番ヤバイ企画”と認識

あいちトリエンナーレの表現の不自由展で展示されたものが問題となり炎上した。
ちなみに、あいちトリエンナーレは過去、開催された時、以下のような展示があり問題になった事がある。

この塩村あやか議員のツイート内容にもハテナが付くのだが、塩村あやか議員は津田大介の表現の不自由展の意図を聞いても同じことが言えるのか。
まず、表現の不自由展で展示されていた数々をご覧いただきたい。

この他にもあるが探している途中で気分が悪くなってしまったので、ご理解いただきたい。
そこで本題なのだが今、このような腸が煮えくり返るほどの下劣な物を展示した「表現の不自由展」が閉鎖された事で、表現の自由ガー!っと案の定、左翼界隈が騒いでいるみたいなのだが、これを表現の自由だからOKと言っていいのだろうか?

これを表現の自由としてOKとするなら、逆もまた然りで同じことをされても文句は言えないですよ?ということだ。
金日成の写真を燃やした映像を流し。
自称慰安婦が料金表を持った銅像を置いたり。
韓国は病気だ。北朝鮮は病気だ。という紙を貼り付けた祠を作って上に韓国国旗を乗せ、下に北朝鮮国旗を敷いた「間抜けな朝鮮人の墓」を展示してもいいということだろうか?
左翼が上記ツイート画像の物を表現の自由だ!とするなら、これらも容認しないといけない。
また、ヘイト条例も撤廃して表現の自由を守ろうではないか。
在特会のデモ発言も容認し、全ての表現を守ろうではないか。
それで良いんですよね?

つくづく日本の左翼は馬鹿で愚かだ。
芸術だからだの、アートだからだの言っているが、当の芸術監督の津田大介は和田政宗議員のツイード動画の冒頭でこのように発言している。

まぁ現物を展示すると。
公立美術館で撤去された物を表現の不自由展っていう展覧会を持ってくるていにして全部展示てやろうてっていう、そういう企画で。
恐らくこれ、みんな全然気づいてないんだけど、これが一番ヤバイ企画になるんですよ。恐らく政治的には。

「てい」であり「政治的に」と言っているので最早、芸術でもアートでもない。
それに「一番ヤバイ企画」とまで言っているので炎上することは考えていたのだろう。
つまり確信犯ということだ。

最早、表現の不自由展で展示されていた物を芸術やらアートやらというのは間違いであるし、政治的に取り上げられてきたものを政治的ではないとするのは完全な間違いである。

天皇は日本の象徴である。
昭和天皇の御真影を燃やす行為は決して許されるものではない。
公費が投じられている、あいちトリエンナーレの責任者である大村愛知県知事は即刻辞職するべき!
公費が投じられるイベントに津田大介を採用するな!
また、津田大介と対談した東なんちゃらが鍵垢にして言い訳ぶっこいているみたいだが、アドバイザーの役目も果たせないなら引き受けるな!

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。