【空前絶後】ピンクスパイガー深田萌絵(浅田麻衣子)のパヨクを余裕で越える当たり屋っぷりをご覧あれ!

以下の記事で多くの人に「藤井一良事件」の本当の被害者は藤井一良氏と分かっていただけたと思いますが、その藤井一良氏より”ある資料”を提供していただき公開する運びとなりました。


判決文の文字起こしをしている最中、目まいをしてしまうほど深田萌絵(浅田麻衣子)氏のパヨクを余裕で越える当たり屋っぷりにドン引きしました。
なお、判決文中に「レバトロン副社長」とありますが、判決文を読んだ上で、その方は深田萌絵(浅田麻衣子)氏、ジェイソン氏からとばっちりを受けた、もう一人の被害者であると個人的に判断しましたので、マスキングを施しました。

他、裁判官、書記官、藤井一良氏、弁護人2名もマスキングを施しており、裁判官、書記官については赤の裁判官などと根拠も無く、意味不明な難癖をつける人がいるみたいですので事実無根による被害者をこれ以上出さないためにもマスキングを施しました。

※個人的に気になった箇所を太字にしています。
※原告=ジェイソン氏及びレバトロン副社長
※被告=藤井一良氏


平成27年1月27日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官
平成26年(ワ)第11027号 損害賠償請求事件
口頭弁論終結日 平成26年12月9日
判決
当事者の表示 別紙当事者目録記録のとおり
主文
1 原告らの請求をいずれも棄却する。
2 訴訟費用は、原告らの負担とする。
事実及び理由

第1 原告の請求
被告は原告らに対し、各100万円及びこれらに対する平成26年5月23日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

第2 当事者の主張
本件は、原告らが有する暗号技術を被告が悪用したために原告らの名誉が毀損され、精神的苦痛を被ったとして、不法行為に基づく損害賠償を求める事案である。

1 請求原因
(1)当事者
ア 原告ジィアンスィ・ジェイソン・ホウ(以下「原告ホウ」という。)は、サーチエンジン及びデータ圧縮技術の開発、設計、販売及び輸出入などを目的するRevatron株式会社(以下「レバトロン」という。)の最高経営責任者であり、スーパーコンピューターに必要な各種技術の開発者及び発明者であり、レバトロンに技術を供与する者である。

イ 原告****(以下「原告**」という。)は、レバトロンの副社長であり、原告ホウと暗号技術などの共同開発を進めている者である。

ウ 被告は、コンピューターのソフトウェアの開発及び販売などを目的とする会社を経営する者であり、平成23年ころ、原告ホウと会ったときから、自らをハッカーであると話していた。

(2)インターネット犯罪「クリプトロッカー」と被告の関与について
ア クリプトロッカーとは、インターネット経由によりコンピューターに侵入し、不正ソフトウェアをインストールさせるものであり、それによって上記コンピューター内のファイルを暗号化し、その暗号を解除するために金銭を求めるというものであり、平成25年9月ころから各国で被害が生じているものである。

イ そこで用いられている暗号技術の特徴は、秘密鍵という概念がないかわりに、ファイルを暗号化した後に自動的にファイル複合化用のカギを生成するが、同時に大量のダミーの鍵を生成し、上記複合化用の鍵と誤って使用すると上記複合化用の鍵を壊すプログラムが発動するというものである。

ウ 原告らは、被告に対し、平成23年から約1年間、被告と共同事業を行うことを前提に、被告に暗号技術等を用いたデジタルビデオの不正防止用サービスの提供事業を検討し、被告にもタペストリーエクスジェンジという独自の暗号技術を教えたが、平成24年中ごろ、被告から暗号技術を用いた犯罪行為を一緒にすることを持ちかけられた。原告らは、その申し出を断ったところ、その後、被告からの連絡が途絶えた。

エ 原告ホウが被告に教えた暗号技術を利用するのは、原告ホウ以外にはなく、その技術を教えた相手方は原告**と被告のみであるところ、クリプトロッカーとタペストリーエクスチェンジの暗号技術は同じ役割を果たすものである。また、クリプトロッカーの暗号技術には、メルセンヌツイスタの疑似乱数生成器が利用されているところ、原告らは被告にその利用を勧めたし、メルセンヌツイスタのサイトには英語によるものがあるが、英文のレベルが低いため理解ができないのであるから、日本語が分からないハッカーやプログラマーが独自に習得することはほぼ無理であるし、仮に犯人が英語圏の人物であった場合には、英語圏基盤の疑似乱数生成器を持ち用いるはずである。

オ クリプトロッカーを生成するためには、システムアーキテクチャ、ソフウェア、ファームウェア、ドライバー及び暗号技術を組み合わせる必要があり、それぞれ高度の専門性を有する技術であるところ、レバトロンは一社内でそれらのすべてを有する珍しい会社であり、原告ホウがこれらの技術のすべてを教えたのは被告のみである。

カ 原告ホウが被告に上記オの技術を教えていたのが平成24年5月ころまでであり、今回のクリプトロッカーの被害が発生したのが平成25年の9月ころであるが、これあh、ソフトウェアの開発、デバック及び検証にそれぞれ6ヶ月かかること、平成25年1月にレバトロンの代表取締役である浅田に被告がコンタクトを取り、同年2月に原告ホウの技術を再度学びたいと相談したタイミングと符合している。

キ 以上からすると、インターネット犯罪であるクリプトロッカーに被告が関与しているということができる。

(3) 原告らの損害
ア 被告は原告らから技術を教わる前に当該技術をデジタルビデオの不正コピー対策に関する事業にしか使わないと約束していたのに、その約束を破り、原告らから教わった技術を用いて、上記のインターネット犯罪に関わっている。

イ 暗号技術には開発の個性が明確に表れるところ、クリプトロッカーの暗号技術を用いた犯罪行為が行われる場合、原告らは、当該犯罪に関与していないにもかかわらず、最悪の場合は実行犯として厳罰を受ける可能性があることを被告は知っていた。また、原告ホウは、以前にも組織犯罪によって被害を受けたことがあるところ、今回のことで再び犯罪組織に目をつけられるおそれがある。実際に、原告ホウはアメリカ政府関係者より任意聴取を受けており、これらの精神的苦痛は耐え難く、静かな平和的生活を過ごす権利を脅かされており、原告らの社会的な評価を害する名誉棄損であるといえる。

ウ また、原告らは自らの技術をより安全性の高い社会作りのための平和活用を目的として利用してきたにもかかわらず、勝手に凶悪なサイバー犯罪の収益確保のために利用されていたことを知り、多大な精神的苦痛を被った。

エ これらにより原告らが被った精神的苦痛を慰謝するための慰謝料額は、各原告に100万円が相当である。

2 請求原因に対する被告の認否
レバトロンの目的及び被告は、コンピューターのソフトウェアの開発及び販売などを目的とする会社を経営する者であることについては認めるが、その余の事実については。不知ないし否認する。原告らは、クリプトロッカー、暗号技術、それらによる犯罪やその被害などについて一般論を述べたうえ、それが被告によるものと根拠なく主張しているに過ぎない。

第3 当裁判所の判断
1 弁論の全主旨によれば、平成25年9月以降、アメリカを中心に、クリプトロッカーによる被害が発生していることが認められるが、それが被告によるものであることを認めるに足りる証拠はなく、弁論の全主旨によっても認めることができない。

2 以上によれば、原告らの請求はいずれも理由がないから棄却することとし、主文のとおり判決する。


ここから解説

ご覧の通り、これらが深田萌絵(浅田麻衣子)氏が考えたストーリーであることは分かってもらえるだろう。
また、ブログやSNSで投稿している内容の通り、一切の証拠も無く、タイミングが符合しているというだけで、インターネット犯罪クリプトロッカーに藤井一良氏が関与しているとされてしまうのだ。
ということは、藤井一良氏以外にも同じ期間内に深田萌絵(浅田麻衣子)氏に相談した人間は皆、関与していることになってしまう。
これほど馬鹿な話は無い。

本記事冒頭に紹介した記事をご覧になれば「原告らは、被告に対し、平成23年から約1年間、被告と共同事業を行うことを前提」が真っ赤な嘘だというのは分かっていただけるだろう。
契約書に期間は記載されていないし、そのようなメールのやり取りすら無い。

そして「その技術を教えた相手方は原告**と被告のみである」を見て戦慄が走った。
もしかして、もう一人の原告であるレバトロン副社長も深田萌絵(浅田麻衣子)氏はハメようとしていたのかっと…。
事実、深田萌絵(浅田麻衣子)は通帳や印鑑を持ち逃げした犯人だと言っている。
まぁ、普通犯人が分かっているのならば、被害届では無く「告訴」だと思うのだが…どうして被害届なのかは想像の通りである。

原告ホウはアメリカ政府関係者より任意聴取を受けており」だが、これも証拠が提示されていない。

勝手に凶悪なサイバー犯罪の収益確保のために利用されていたことを知り」とは、どういうことだろうか。
タイミングが符合しているから関与しているという話なのではないのか。笑
意味が分からなくなってきた。笑

各原告に100万円」とあるが、レバトロン副社長が関わっているのは「その技術を教えた相手方は原告**と被告のみである」の部分だけ、金欲しさに深田萌絵(浅田麻衣子)に無理矢理使わされたのだろう。

「2 請求原因に対する被告の認否」では藤井一良氏側の反論なのだが、深田萌絵(浅田麻衣子)氏による証拠の無い創作ストーリーなので当然「一般論を述べたうえ、それが被告によるものと根拠なく主張しているに過ぎない。」となる。

そして裁判所の判断は「認めるに足りる証拠はなく」だから当然、棄却。笑
パヨクの当たり屋を余裕で越える。笑

これが深田萌絵(浅田麻衣子)氏なのだ。
藤井一良氏が日本戸籍を不正取得したとする主張も不正取得した証拠も無くただ言ってるだけ。
そして祖父の藤井治氏が本当に呉健華なのか、藤井治氏と藤井一良氏の血縁関係を証明しろ、DNA鑑定しろだの喚く始末。

これらは自分らで今まで不確定のまま背乗り・スパイ・なりすましと言って人権侵害、名誉棄損行為をしていたと自白しているようなものなのに理解できないのだろうか。

日本戸籍は中国残留邦人の藤井治氏の配偶者として妻の婚姻届けが出され、息子である藤井一良氏の父親、藤井一良氏の出生届が出された。
これは「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成六年法律第三十号)」で片付く話なのだが、未だに深田萌絵(浅田麻衣子)氏と信者は信じないようだ。

深田萌絵(浅田麻衣子)氏は証拠の提示も無く、ただ言っているだけなのだ。
また、事実(例えば契約書の一部だけ見せる)に対して、後はデマで肉付けするという事をしている。
この判決文を見れば分かるだろう。

最近、Twitterで深田萌絵(浅田麻衣子)氏の信者らが意味不明な言い訳をしはじめているが、もはや遅い。


関連記事

  1. 【組織犯罪⁈】いよいよヤバイ‼︎ピンクスパイガー深田萌絵と青にゃん界隈の関係とは

  2. 【超謎】深田萌絵さん「日本のIT企業が中国に盗まれてる」とするも中国企業と戦略的パートナーシップ契約を締結する。

  3. 【メール&判決文】ピンクスパイガー深田萌絵氏による背乗り&スパイねつ造事件!!藤井一良氏の悲痛な叫びと判決文!!

  4. 【やっぱデマw】ピンクスパイガー深田萌絵‼︎ インテル元会長傳田氏と全くの無関係でした‼︎w

  5. 【やっぱ公開】AJCNに山岡鉄秀氏の「豪慰安婦像設置防止」はデマか?を問い合せしてみた件

  6. 【嘘】エア野党の会の山岡鉄秀氏の実績「北朝鮮工作船展示」は、ただ単に外国人の問い合せが多かったから。笑

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。