【独り言】丸山ほだか氏が政治家として続けていけるのは…。

「日本国士」運営者の松岡です。
青山繁晴氏をKAZUYA氏が批判して、すぐと言ってもいいほど威勢良く乗っかった元日本維新の会の丸山ほだか氏についてお話ししたいと思います。
今後、彼が政治家を続けていけるのか、選挙で落選して終わってしまうのか、そこら辺も踏まえています。

絶頂から四面楚歌の丸山ほだか

まず、KAZUYA騒動を彼が事前に知っていたかどうかですが、当時同じ日本維新の会の足立康史氏と鈴与、生田よしかつ氏の報道特注での切り出し方を見ると知っていたのだろうと思います。
理由は、話を切り出す前に生田よしかつ氏がスタッフの方をチラ見してから、始まったからです。

それから、Twitterで丸山ほだか氏が維新支持者、丸山支持者の制止を「アヂャース」などと小馬鹿にしてまで、振り切って騒動に乗ったという事実があります。
それで離れた支持者は少なくないでしょう。辞職勧告まで彼のツイートに対する反応が少なくなってたり、批判リプがチラホラありました。

それから戦争発言、飲酒などあり、辞職勧告され今に至るわけですが、皆さんは丸山ほだか氏が政治家を続けていける道はなんなのかっと考えた時に何を思いつくでしょうか?

丸山ほだか氏復活策

私としては丸山ほだか氏は「パチンコ廃絶」で行くべきだと考えます。
他の分野は今まで通り自民党と足並みを揃えるでも良いですが、もっとボリュームを上げるべきだと考えます。

パチンコなら菅官房長官と足並みを揃える事もできますし、NHKと同じようにパチンコいらねーよ。無くせよ。っと思う人は恐らく、国民の半数以上いると思うので、丸山ほだか氏好き嫌いに関わらず、支持を得ることもできます。

ただ、それだけでは物足りないので、スパイスが必要です。
それは、ゲームセンターやバッティングセンターなど18歳以下の児童が入れる施設内からのパチンコ・スロット台の撤去です。

小さい子供がやってる姿を見たら、ゾッとしませんか?
それに、私はパチンコ店はパチンコ・スロット台を置くゲームセンターと同じだと思っていて、違いは何なのかと考えると、ただ換金できないだけですし、どのくらい儲かったのか容易に想像できるでしょう。
ギャンブル依存症予備軍の誕生です。

これが、私が考えている丸山ほだか氏が政治家として続けていける道かと思っています。
それと、Twitterを活用してる政治家の方に言いたいのですが、有権者を馬鹿にするのは、やめましょうね。
リアルよりも、沢山の有権者との距離が縮まるので感覚がマヒしてしまいますが、有権者を馬鹿にしたり、嘲笑したり、喧嘩したりしてもメリットはありませんので。

最後に。
丸山ほだか氏が、上西さゆり化しないことを祈っています。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。